FC2カウンター

メインサイトはこちら

カテゴリー

月別アーカイブ

相場本検索

amazon


こちらも定番の書店です。注文してから到着まで数日~1週間程度かかるのがちょっと、というところですが、品揃えは充実しています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

プロフィール

mauitrain

Author:mauitrain
デイトレーダーのあらなみです。
メインサイトはこちらです。
スキャルピングをメインとして、個別株信用、先物、FXを売買して家族の日々の糧を得ております。
投資を始めるにあたって、要するに何から手をつけたらいいんだ、ということがわからない、色々と本を読んでみたけれど、結局、儲けるに至らない、そういう人も多いと思います。
そういう私も、本当に沢山の本を読んできました。本を何百冊も読み、多くの高額セミナーに参加してわかったこと・・・それは、本当に役に立つと思える本は、10冊に1つ、いや、もっと少ないということでした。
投資について、これから勉強してみようという意欲のある皆さんのご参考になれば、と思い、私の感想など書いてみたいと思っています。

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

google

あらなみのトレード水先案内人
初心者がどうやって勉強すればいいのか、勉強道具を紹介します
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欲望と幻想の市場 - 伝説の投機王リバモア
欲望と幻想の市場 - 伝説の投機王リバモア


9784492061114.jpg

エドウィン・ルフェーブル, 林康史
東洋経済新報社 四六判 341頁 1999年4月発売
2,310円 (税込)


★★★★★+

主な対象者:全ての投資家(ただし読者を選ぶ)

もう一冊のリバモア本のおまけで紹介していたのですが、こちらも独立して紹介することとしました。

こちらは、何と最高ランクプラス1です!!

こちらの本の評判は、前に紹介した世紀の相場師ジェシー・リバモアと比較してあまり評判にはなっていない、ものですが、こちらも素晴らしい本です。

この本と前書との違いがどこにあるのかを通じて、この本の意味を見てみたいと思います。
世紀の相場師本は、そもそもリバモア自身が書いたこちらの本を参考にして書かれています。

孤高の相場師リバモア流投機術 大恐慌を売り切った増し玉の極意



この本と、世紀の相場師ジェシー・リバモアはかなりダブりが多く、作者のリチャード・スミッテンが本人の本を参考にしながら、欲望と幻想の市場とリバモアの生い立ちなどを参考に本を書いたのだという感じです。

こちらの欲望と幻想の方は、ルフェーブルが数週間にわたりリバモアへのインタビューを元に書いたものだということらしいです。

どちらの本がどうなのか、ということを考えると、どちらも読めばいいわけですが、内容の違いが少々あります。

まず、「世紀の相場師ジェシー・リバモア」ですが、こちらは、具体的なマーケットの観察の方法論だとか、リバモアが取った戦略について、だとかが具体的に書かれています。
これは、「孤高の相場師リバモア流投機術」に書かれていることもありますが、それだけではないマーケットの観察方法など、具体的に説明されている部分が結構あります。
特に株式市場の観察においては、重要なポイントがいくつもあります。

一方で、「欲望と幻想の市場」ですがこちらは、具体論においては前書に明らかに譲ります。しかし、こちらには、とにかく「名言」「格言」とも言うべき、「トレーダーの心」がこれでもかこれでもかと描かれているのです。
これらの一つ一つは、宝石のような輝きを持っており、経験のあるトレーダーなら、ページをめくるごとに、思わず「うーん」と唸ってしまうことが度々起こることでしょう。

こんな本に他にお目にかかったことは私はありません。
何故これほどまでに、トレーダーの心をえぐっているのか、と思えるような記述の数々なんです。

まえがきにもありますが、つぎのようなことです。

「現代を代表するトレーダー30人余りに行なったインタビュー(『マーケットの魔術師』)のなかで、私は、すぐれたトレーダーを目指す者が読むべき書物は何かと必ず質問した。その回答のなかで最もよくあがった名前が、70年以上も前に書かれた本書だった。
この本が時を超えて読みつがれている理由は、トレーダーの心の動きを的確に捉えているからだと思う。相場で学んだこと、失敗、洞察が率直に語られている。相場の経験者であれば、まさに真理だと感じるに違いない。本書がエドウィン・ルフェーブルというペンネームを使った、あの稀代の相場師ジェシー・リバモア自身の手になる自伝だと錯覚する読者も多いのではなかろうか。

本書はすぐれた相場観察の宝庫である。すでにウォール街の常套句となり、その出典は忘れられているが、本書が出所の名言も多い。例えば、「(相場では)買い始めるには高すぎるということはないし、売り始めるのに安すぎるということはない」がそうだ。しかし、本書は、いたるところ素晴らしい文言に溢れており、その一部を切り取ることなど不可能なのだ。」


私は、「マーケットの魔術師」を最初に読んだ時から、その魔術師たちの多くが「この本だけは読んでおけ、トレーダーの心そのものだ」と本書を紹介しているのを読んで、どうしてもこの本が読みたくなりました。

そこで、洋書を米国アマゾンで買い求めたのです。ところが、私の稚拙な英語力ではとても太刀打ちできませんでした(笑)
とても残念でした。洋書は読むことは読むのですが、チャートの本とか、システムの本とか、大した英語力がなくても読める本が私の限界だったのです。

そして、1999年4月、ついに本書が翻訳出版されました。
もう、狂喜しました。
発売当日は、本屋に一人で並ぶ、という感じで、家に持って帰ってむさぼるように読んだのを覚えています。

ところが、最初に読んだときには、実は、翻訳にとても違和感を感じたのです。そして少し残念に思いました。

というのは、例えば次のような部分です。

「欲望と幻想の市場」の翻訳では次のとおりです。
「ウォール街で長年浮き沈みを経験した者としてこれだけは断言できる。
おれが大きく儲けられたのは、決しておれの頭脳によるのではなく、相場に腰を据えてじっくりと居座ったからなのだ。
これの言わんとすることがおわかりだろうか。相場に頻繁に出入りしない辛抱強さだ。相場を正しく判断するのは決して難しいことではない。いつでも、上昇相場でも早い時期から強気になっている者、また下降相場でも初期段階から弱気になっている者は多い。
多くの人が取引のタイミングの判断という点では極めて正確に、まさに最大の利益が約束されたも同然のところでポジションをとる。
しかし彼らの収益率はまさのおれの経験と一致する、つまり、それでもほとんど儲からないのだ。相場の判断に優れ、かつ辛抱強い人というのはなかなかいない。それは習得するのが最も難しい技だと思う。
しかし投機家としては、このことをしっかり習得してはじめて大きく儲けることができるのだ。このことがわからないうちは何百単位でしか儲からなかったのが、わかった後では文字通り何百万という単位で容易に儲かるようになるのだ。」



同じ部分ですが、これは「ファンドマネージャー」という本で、この本の同じ部分を引用したところです。
「ウオール街で長年過ごし、百万ドル単位で儲けたり損したりしてきた経験を踏まえて、以下のことを申し上げたい。
大儲けしたといっても、私の相場の見方が正しかったからでは決してなく、持ちこたえたからだったのです。
分かりますか、腰を据えて座るのです。相場を正し く見通すことは別に難しいことではありません。
実際、強気相場には強気筋が、 弱気相場には弱気筋が、それぞれかなり初期の段階でも大勢現れるものです。
タ イミングのつかみ方がうまく、大儲け間違いなしという段階で株の売り買いに入 った人をたくさん見てきました。
しかし、それでも、ちょうど私が失敗したように、儲け損なってしまうのです。
見通しが正しく、そのうえ持ちこたえることもできる、といった者はほとんどいません。
これは簡単に習得できるようなことで はないのです。
しかし、これを習得しなければ大儲けはできません。
トレーダー というものは、修行時代には数百ドル儲けるのにも苦労しますが、やり方をマスターした暁には、数百万ドルだって簡単に儲けられるようになるものなのです。」



正直、後者風を期待していた私は、少々がっかりしました。これはもちろん好き嫌いがあるものですが、私としては、もう少し格言風に翻訳してくれれば、と思いました。

運は天にあり。鎧は胸にあり。手柄は足にあり。 
何時も敵を掌にして合戦すべし。疵つくことなし。
死なんと戦えば生き、生きんと戦えば必ず死するものなり。


謙信の教えですが、こう書いてくれると、「ありがたいものだ」と思いますが、次のように書かれるとそうも思わない心理が働きます。

運命は天がきめるんやけど、生き抜くことは信念で、手柄は行動できまるんじゃ。
せやから、天命にせんと、自分の掌中で戦わなあかんのや。
死ぬ気で戦ったら生きて勝利できても、生き残ろうとしたら死んでまうで。


では、格言にならない(笑)

この本の評価が日本でもう一つなのは、それが原因なのかなあ、と思ったりします。

しかし、内容は素晴らしいものですので、どう翻訳してもしっかりと読めば、噛めば噛むほど味が出ることは確かです。

ということで、「世紀の相場師」VS[欲望と幻想」に勝敗を決めるとすると、

私は、「欲望と幻想」を勝者としたいです。
まあ、どちらも読めばいいだけですが・・・

翻訳には若干不満があるものの、その宝石のような名言、格言、の数々は、何度読んでも、心を洗われます。

この本こそ、「トレーダーの心そのものだだと私は言いたい本です。

何より、この本の素晴らしいところは、リバモアが何度も挫折して、その度に立ち上がっていくのですが、その不遇の時期にどう考え、何を反省し、そして失敗からどう学習したのか、そのプロセスをつまびらかにしている点ではないかと思うのです。

単なる成功者が書いた「教え」ではなく、成功と失敗を繰り返した人だからこそ書ける相場の苦しみ、その苦しみと絶望の中からの復活、その心構え、失敗をどう捉えていくのか、などなど、トレーダーなら当たり前のアップダウンが教えとして書かれています。

単なる成功話でも、成功者の押し付けでもありません。

ここには、マーケットの戦いではなく、自分の心との戦いの姿があるのです。トレードを通じて自分の心との葛藤の日々が鮮やかに描かれています。机上の空論ではありません。

だからこそ、多くのマーケットウイザードが激しく共感するのだと思うのです。

今現在トレードが上手く行かなくて落ち込んでいる方、どうしていいのか見えなくなっている方、そういう人には特にオススメです。

もちろんですが、小手先の手法を探しておられる方は読んでも意味がないでしょう。

それと、本書は、初心者にはわからない部分が多いのかもしれません。

相場というものは、おかしなもので、痛みを伴った損失を支払った者のみに、大切な教訓を与えてくれるものなのです。

まだその経験が乏しい初心者にとっては、この本の内容は、暗号のようなものになるのかもしれません。
本書の暗号を解くカギは、相場でダメージを受けるごとに授けられることになります。

初心者受けしない本 = 不人気本

でもありましたね。


そういえば同じフレーズがこの本にもありました。

すべきではないということを学ぶには、持てるもの一切合切を失うというのが一番だ。金を失わないためには何をすべきではないのかがわかった時、相場で勝つのに何をすべきかということがようやくわかり始めるのだ。


この本のタイトル、どうして直訳して「ある相場師の追想」だったらだめだったのだろうか。
「欲望と幻想」では、逆に何の本かわからないのではないか、とか、思ったりしますね。


スポンサーサイト
世紀の相場師ジェシー・リバモア
世紀の相場師ジェシー・リバモア


9784047913714.jpg

リチャード・スミッテン, 藤本直
角川グループパブリッシング (角川書店) 四六判 419頁 2001年6月発売
2,310円 (税込)


★★★★★

主な対象者:全ての投資家


この本は、超オススメです。
何故ご紹介しなかったのか、というと、隠してしたからです、というのはウソで、新刊本を中心にオススメしようというポリシーがあったからなのですが、これからは古い物でもいいものは書いていこうと思います。

私の相場本の蔵書は1000冊を超えます。このジャンルに限っては、ちょっとした図書館よりは多いと思います。
その中で、ここでこうやってオススメできる本はホンの1%以下ということになるでしょう。100冊に1冊の割合になるかどうか、という程度です。
持っている本の中でもそうですから、出版されている本全部となるとやはり大変な割合になってしまいます。
残念なことに、多くを当たらないと、これという宝には到達できないものなんですね。
しかし、当たった宝は投資本の場合凄い価値がある、そういうものがやはりあります。


さて、この本を改めてオススメしようと思って、今回はラインマーカー片手にせっせと読み返していたのですが、やはり本当にいいですね、素晴らしい本です。


実は、この本はいわくつきなんですが、それはどういうことかというと、もともとは2001年に発行されたものでした。
そして、大した部数も売れずに廃刊になりました。これはほとんどの本でそうなるわけですが、ところが、この本は、古本で何と

8万円!!

という値がついていたのです。2006年ごろのことだったかと思います。
アマゾンの古本で8万円でした。
私は初版を持っていたので、売るかどうするか、迷って、持っていたのですが、あぁー、あの時売っていれば、とちょっとだけ今は後悔(笑)

では、何故、この1000円の本に8万円なる値がついたのか。

実は、ネット上である噂が流れていたのです。

それは、

あのBNF氏がこの本を読んで成功したらしい

ということでした。

えぇっ・・・BNFの儲けの秘密がこの本を読めば出ているのか

と一時ネット上で騒然となったのです。

そして、8万円なる古本価格が誕生しました。

その値がついてから、1~2年後、この本は再び出版されることとなりました。

もちろん古本価格は大暴落しました。


ということで、何が書いてあるのか。あのBNFがこの本を読んで学んだこととは・・・

それは、○○○○です(笑)

BNF氏のコメントや色んな書き込みは私も読んでいますが、この本のああ、この部分なのか、ということはすぐにわかりますので内緒にしておきます。

個別株市場のある性質が書かれているのです。


ただ、BNF氏が読んだとして、参考にした部分はそれだけだったのだろうか。
というと、この本が示唆するところは、別の部分にあるのです。

また、他のプロの人でも「8万円でもいいから絶対に読め!!」ということもあったぐらいです。
私も、それぐらいの価値は十分にある本だと思っています。



多くの初心者が思っていること。

それは、勝っている人というのは、自分たちと何が違うのだろうか。

ということだと思います。

そして、初心者なりの結論は、

相場で勝っている人は、勝てる方法を知っている人なのだ

というものでしょう。
だから、その勝てる方法さえ知ることができれば、自分も勝てるようになる。
という結論が自ずと出てきます。

そして、その結論に基づいて、勝てる方法を探すことにやっきになる

これが、初心者の基本的行動パターンです。

しかし、多くの初心者のその期待は裏切られる運命にあります。
何故なら、儲けている人がやっている方法、手法というのは、そのほとんどがありきたりな道具を使って、在り来りな方法で売買しているに過ぎないからです。

私の周りにも大勢のプロトレーダーがいますが、全員が全員といって、シンプルな原理原則に従って売買しているだけなのです。

では、何が初心者と上級者を分けるのだろうか。

それが、○○○なんです。

また伏字かよ!!


ともったいぶるのはやめて、答えを言いましょう。

初心者と上級者を分ける大きな違いは、トレードに対する

「考え方」

にある

ということです。

考え方、何ぞや、どういう意味じゃ。さっぱりわからん。

そうだと思います。


人というのは、自分がどう考えているのか、という考え方に疑問を持つということを基本的にしないものです。

例えば、政治信条の戦い、右翼と左翼、それぞれどう意見をぶつけようとも、考え方に相違があるのだから、相入れることは決してありません。
イスラム教とキリスト教も同じ。基本となる考え方、信じていることがまるで違います。
キリスト教信者が例えコーランを読んでも、決して納得はしないでしょう。

信じるもの、考え方、というものを人は決して変えようとはしないものです。

相場に対する考え方も同じです。
初心者が持つ、やり方さえわかれば勝てる、という考え方は、誰に何を言われようと変わることはありません。

他にも上級者と初心者の考え方の隔たりは大きいわけですが、ことごとく初心者はアドバイスを受けても納得しようとはしないのです。

これが、トレードを難しくしている根本原因となっていることに、全くといって気がつかないわけです。

そして、表面上の手法やらトレードノウハウばかりを追いかけては自爆を繰り返します。

しかし、根本にある考え方が間違っているのだから、表面を取り繕っても意味がありません。

リフォームだと言って、内装を綺麗にしても、家の土台が腐っているようなものです。
これでは、地震が来れば一気に家は傾きます。


多くの初心者の方と接して、そして周りのプロトレーダーと話をして、両者で明らかに違うのは、手法ではなく、この相場に対する考え方、なんです。

手法に違いがなくても、初心者と上級者では、考え方がまるで違います

絵に書いたように違う、というか、面白いように初心者には考え方の共通点があるので、笑えてしまいます。

ですから、どんなに隠しても、その人が儲かっているかどうかは、10分話せば私にはわかります。

何故なら、

どんな手法を使おうが、考え方が間違っているのだから、相場で儲かるはずがない

ということが、大勢の投資家に接しているうちに、私にはわかるようになったのです。

とにかく、初心者は、金太郎飴のように、同じ考え方に固執しています。
もうほとんど執念のようなもの、ほぼ宗教、政治信条と同じです。
いくらこちらから話しかけても、聞く耳など持ちはしません。

逆に、本音を話すと「この人はウソを教えようとしている」「何かを隠している」と疑われることとなります。

それほどに思い込みが強いのです。
ですから、周りのプロ連中を見ても、初心者と話をするときには、初心者のレベルに応じて本音は言わず、相手が望むことを言ってお茶を濁すことがほとんどです。
私とて、本気で接しない人には、本音で話すことはありません。
何故なら、ウソだと思われるのがオチですし、余りにも自分たちが考えてる「こうすれば儲かる」ということとかけ離れているので、理解が不可能なんです。

ついでに言うと、プロ、上級者の人たちは、投資戦略はそれぞれ千差万別なのですが、そのトレードに対する考え方は、驚くほど共通しているのです。
これも、金太郎飴のように、みんな同じことを言います。こちらも見事です。

その結果、初心者VS上級者の考え方の違いが、見事に浮かび上がるのです。

私は、それを理解しているからこそ、このような話を書いています。




実は、この話を長々としたのは、このリバモア本を読むことで、

勝てる人の考え方

に触れることができる、そう思うからです。

触れたからとて、すぐにマスターできることではありませんが、この本を繰り返し読むことで、自分を洗脳することができるのではないか。
上級者の考え方に転換できる可能性を秘めている、そう感じます。

そういう意味で素晴らしい本です。
少なくとも、数年前には8万円でしか手に入らなかった本ですし、それでも多くの人達が「この本は8万円出しても読むべきだ」と絶賛していたのですから、2310円なら買いでしょう(笑)



ちなみに、私が評価しない本は、小手先のノウハウをコチョコチョ紹介している類のものです。

古道具屋さんじゃないんだから、たくさんの道具は不要です。

手に馴染んだ包丁一本あればいい

そして、当然、腕を磨かないといい料理人とは言えません。

色んなレシピを知っている人、たくさんの包丁を持っている人、それをいい料理人だ、という定義などどこにもありません。

そして何よりも、上級者と同じ考え方をすれば、初心者とてその日から上級者なのだ、少なくとも日々のトレーニングを積めば、その先には、答えがある、という実に簡単な事実なんです。

皆さん、皆さんの信じる道の先には、答えがありますか

ずっと答えの無い蛇の道を試行錯誤してきて、とてつもない無駄な時間を使ってしまった私からの心からの質問状です。


欲望と幻想の市場 - 伝説の投機王リバモア


こちらの本ももちろん超オススメです。翻訳に抵抗がある、という人もいるようですが、内容は一級品です。

両方の本ともに、

トレーダーの心そのもの

である、そう言い切れます。 

そして、

儲かるトレーダーの心を持つことが、儲けへの秘密の鍵だ

ということなのです。



トレードのストレス解消法 毎日5分で克己心を養う相場心理学
トレードのストレス解消法 毎日5分で克己心を養う相場心理学


9784775971406.jpg

エイドリアン・トグライ, アントニア・ウィークス, 若杉美奈子
パンローリング A5判 上製本 400頁 2010年11月発売
2,940円 (税込)


★★★★☆

主な対象者:中級以上のトレーダー全般


最近、本のご紹介が滞っていたのですが、なかなかこれといった良書がみつからずに、書く気力が萎えていました。
パンの本は、2冊に1冊程度の割合では買っているのですが、それなりではあっても、これはオススメだ、というものにはどうも最近は出会えないところとなっています。

そのなかで、先月発売のこの本はなかなかのものだと読んで思いました。

そもそも、トレード経験を積んで、手法マニアから卒業した人が読む本というのは、どうしても投資心理の本が中心になってきます。
解決すべき最大の課題が、投資心理になるからです。

ところが、投資心理の本というカテゴリーのものは、ゾーンなど良書も多いのですが、とにかく言い回しが長ったるくて読むのが大変なんです。

要は、何が言いたいねん、早う答えを言わんかい!!

とついツッコミを入れてしまいそうになる本が大半です。

皆さんも、投資心理の本を読み始めたけれども挫折した、というご経験をお持ちではないでしょうか。
私もたくさん持っていますが、最後まで読めた本はそう多くはありません。
しっかり読んだのは、ゾーンぐらいでしょうか。しかしこれも結構だるい。

とにかく、グタグタが長くて長くて、どうして投資心理の本はこうも回りくどいのだろうか、そう感じていました。

と言いつつ、私の文章も周りくどいわけですが、それは置いておきます(笑)


ということで、このご紹介の本です。
これは、133の章に分かれており、それぞれが一話完結型の読み切りとなっています。ですから、どこから読んでも問題ありません。
星新一のショートショートのようで、とても読みやすい構成となっています。
ですから、過去に投資心理の本の難解さで挫折した方でも、気軽に読める構成となっていると思います。
400ページにわたる分厚い本ですが、ショートショートですから、気楽に1日1語、という感じで読んでいってもいいでしょう。


そして、その内容ですが、そうだそうだ、というポイントをついたものが数多く発見できました。

この本で言われていることで結構な部分が、専業トレーダー特有の悩み、に関することも多く、「こんなマニアックな悩みのことを書いてくれているとは・・」とちょっと嬉しかったりしました。
また、「自分だけではなく、みんなもそうなのだ・・」とホッとしたりと・・・

逆に、初心者が読んでも、ほとんどまだ実感が無いので、参考にならない部分が数多くある、という感じもします。
これは、他の類書に見られるような難解な心理学的考察がなされているという意味ではぜんぜんありません。
書かれている内容は決して難解でもなんでもなく、平易な事例や体験談を引用して書かれているので、とても読みやすいのですが、実戦経験が無ければ何となく読み飛ばしてしまうのだろうな、という感じがします。

ということで、相当トレード経験を積んだ上級者のお悩みを解決する本、日々の苦悶への道しるべとなる本、という感じです。


ということですから、対象者としては、

そこそこ経験を積んでいるが、なかなかトレードの色んな悩みから開放されない、ヒントがほしい

ということになるでしょう。

もちろん、手法マニアの方には無用の長物です。

テーマ:投資関係の本 - ジャンル:株式・投資・マネー



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。