FC2カウンター

メインサイトはこちら

カテゴリー

月別アーカイブ

相場本検索

amazon


こちらも定番の書店です。注文してから到着まで数日~1週間程度かかるのがちょっと、というところですが、品揃えは充実しています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

プロフィール

mauitrain

Author:mauitrain
デイトレーダーのあらなみです。
メインサイトはこちらです。
スキャルピングをメインとして、個別株信用、先物、FXを売買して家族の日々の糧を得ております。
投資を始めるにあたって、要するに何から手をつけたらいいんだ、ということがわからない、色々と本を読んでみたけれど、結局、儲けるに至らない、そういう人も多いと思います。
そういう私も、本当に沢山の本を読んできました。本を何百冊も読み、多くの高額セミナーに参加してわかったこと・・・それは、本当に役に立つと思える本は、10冊に1つ、いや、もっと少ないということでした。
投資について、これから勉強してみようという意欲のある皆さんのご参考になれば、と思い、私の感想など書いてみたいと思っています。

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

google

あらなみのトレード水先案内人
初心者がどうやって勉強すればいいのか、勉強道具を紹介します
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株価指数先物必勝システム
株価指数先物必勝システム
9784775971048.jpg

アート・コリンズ, 長尾慎太郎, 関本博英
パンローリング A5判 262頁 2008年4月発売
6,090円 (税込)


タイトルどおり、株価指数の売買戦略が色々と網羅されている。
移動平均のシステムとか、システム志向の人なら、統計資料として参考になるのかもしれない。

私自身が裁量によるデイトレードをしているので、実際には活用する機会がないけれど、手法として、どういう戦略が有効か、とか、こういうパターンが使えるとかのヒント程度にはなると思うが、そこまでかもしれない。

手法の本というのは、昔なら飛びついていたのだけれど、相場というものを今では非常にシンプルにとらえているので、戦略そのものにそう興味を持たなくなっている自分がいる。
これも成長なのだろうかと思う。

テーマ:投資関係の本 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mauitrain.blog111.fc2.com/tb.php/19-6ced0f08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。