FC2カウンター

メインサイトはこちら

カテゴリー

月別アーカイブ

相場本検索

amazon


こちらも定番の書店です。注文してから到着まで数日~1週間程度かかるのがちょっと、というところですが、品揃えは充実しています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

プロフィール

mauitrain

Author:mauitrain
デイトレーダーのあらなみです。
メインサイトはこちらです。
スキャルピングをメインとして、個別株信用、先物、FXを売買して家族の日々の糧を得ております。
投資を始めるにあたって、要するに何から手をつけたらいいんだ、ということがわからない、色々と本を読んでみたけれど、結局、儲けるに至らない、そういう人も多いと思います。
そういう私も、本当に沢山の本を読んできました。本を何百冊も読み、多くの高額セミナーに参加してわかったこと・・・それは、本当に役に立つと思える本は、10冊に1つ、いや、もっと少ないということでした。
投資について、これから勉強してみようという意欲のある皆さんのご参考になれば、と思い、私の感想など書いてみたいと思っています。

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

google

あらなみのトレード水先案内人
初心者がどうやって勉強すればいいのか、勉強道具を紹介します
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・タートル 投資家たちの士官学校
ザ・タートル 投資家たちの士官学校

9784822246303.jpg

マイケル・コベル, 遠坂淳一, 秦由紀子
日経BP 四六判 上製本 250頁 2009年2月発売
2,310円 (税込)


★★★☆☆

いわゆるタートル本です。タイトルは期待させるんですが・・・

タートル本は、別に過去2冊翻訳されています。

前作は、、「伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術」というタイトルの本で、2007年10月出版のものですが、この本の評価は星5つとしました。
ちょっと大げさなのは私の悪い癖ですが、かなり絶賛していますね・・この前作については・・今でもこの評価に何ら変更はありません。

さて、今回は、星3つです。
この違いを書いておきます。

今回の本は、マイケル・コベルという人が書いた本ですが、前2作がタートル自身が書いたものに対して、この方は、金融ジャーナリストです。
実際にタートルとして、運用した人ではなく、部外者の方が、丁寧ではあるにせよ、取材を通じてネタを集めて書いたものです。

そのためだろうと思いますが、若干タートルのゴシップ、内幕、を描く、というタッチが見受けられるのと、リチャード・デニスの伝記的色合いが強かったです。

どうしてもインタビューを通じてのものですから、戦略には言及しているのですが、カーティス・フェイス
が書いたものより、やはりゴシップ的でした。

カーティス・フェイスは、自書で、自己弁護していましたが、実はそうではなく・・・他のタートルたちと仲違いをしていた原因は・・・みたいな。

そんなことにあまり興味がない方には、この本は読まなくてもいいかと思います。

そもそも、著者のマイケル・コベルの前作「トレンドフォロー入門」という本ですが、何だか何を言いたい本なのか、よくわからない本だった、という感想でした。

もう1つ著者と私と相性が会わないのかもしれませんが、当事者としての迫力に欠けるというのでしょうか、何か第三者的、評論家的な感じがして、私には馴染めないのです。

タートルを徹底的に研究してみたい、リチャード・デニスの全てを知りたい、というマニアにはお勧め、ということにしておきます。

テーマ:投資関係の本 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

あらなみさん、こんにちわ!

この本、以前に買おうと思ったことがあるのですが、著者のコベルのブログを読んだり、彼の主宰するturtletrader.comなんかを覗いてみるうちに、何でかわからないけどしっくりこないような、怪しげな気がして買いませんでした。ついでにタートル流の投資術自体にも一時興味がなくなってしまいました。
turtletrader.comって、とどのつまりはタートルを餌にした商材サイトですからね。
今回あらなみさんにそのモヤモヤした感じを裏打ちしていただいて、すっきりしました。

フェイスの「タートル流」にはその後、古書店でめぐり会う幸運を得て大きな示唆を受けました。が、このコベルの本のおかげで危うくそのめぐり会いをも逃すところだったかと思うと、ぞっとします。
【2009/04/14 15:00】 URL | zenmachine #f3.AbFOU [ 編集]


zenmachine さん、こんにちは。

多分、何かしっくりいかない、というなんとなくの感じだと思うんです。でも、その感じは、結構正解だったりするものですね。
こうやって、理屈で理解できるようになるためには、良書だけでなく、失敗本を沢山読まないと選球眼が培われないんです。
トレードと同じで、いい本を見る目を養うには、沢山の本にあたらないとだめなんです。

ということで、こんなところでサボってないで、1000本ノッック始めっ!!
【2009/04/14 18:38】 URL | あらなみ #aIcUnOeo [ 編集]


は、ははーーーーッ!ももももうしわけありませんッ!!

(喫茶室BIAに退却!)
【2009/04/15 14:25】 URL | zenmachine #f3.AbFOU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mauitrain.blog111.fc2.com/tb.php/35-4ca3c24f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。